第71期ALSOK杯王将戦

ALSOKが王将戦を特別協賛

<第70期王将戦第1局>ライトアップされた掛川城。二の丸茶室で対局する渡辺明王将(右)と永瀬拓矢王座

  将棋の第71期王将戦(スポーツニッポン新聞社、毎日新聞社主催)の特別協賛に、綜合警備保障(本社・東京都)が正式決定した。4月1日以降は「第71期ALSOK杯王将戦」の呼称となる。

  同社は警備業の国内大手で柔道やレスリング、陸上など11競技のクラブを保有。オリンピック、パラリンピックのメダリストを多数輩出していることで有名だ。今回の特別協賛の経緯については、将棋の「攻め」と「守り」が警備の本質と通じ、さらに相手に敬意を払う精神に親和性を見いだしたとしている。

  第70期の王将戦7番勝負は渡辺明王将(36)の3連覇ですでに終了。昨年末に開幕した第71期は現在、1次予選が進行中だ。