夏季リーグ・愛知ディオーネ3-4京都フローラ【第5戦】

【愛知3-4京都⑤:長良川球場】今季7勝目をあげた京都・小西美加投手

2回裏、愛知は5番・寺部歩美捕が四球で出塁すると、6番・三浦由美子外野手が犠打を成功させる。その後、一塁手の捕球エラーがあり、チャンスを広げたところを、7番・岩見香枝内野手が左犠飛で先制する。さらに、愛知は1死満塁のチャンスで、1番・西山小春外野手が右越2点適時打を放ち、3-0と京都を突き放す。

しかし、京都は4回表に1点、5回表に2点を返し3-3の同点とすると、6回表1死満塁の場面で、2番・厚ヶ瀬美姫内野手を三塁フライに打ち取るも、三塁・岩見の2塁への送球ミスの間に三塁走者の白石美優外野手がホームに還り、4-3と勝ち越す。

試合はそのまま愛知が流れを取り戻すことが出来ず、夏季リーグ悔しい4連敗を喫した。

【京都・小西美加投手】

素直に嬉しく思います。流れを変えようという気持ちでマウンドに立ちました。

流れをチームとして引き寄せ、勝ちにつなげられたことが出来て嬉しく思います。