夏季リーグ・愛知ディオーネ16-3京都フローラ【第6戦】

【愛知16-3京都⑥豊橋市民球場】プロ入り通算100打点目となるタイムリーを放った愛知・寺部歩美捕手

1回裏、愛知は京都の先発・三輪裕子投手の立ち上がりを攻める。連続四球でチャンスをつくると、押し出し四球で2点を先制。また2死満塁から8番・御山真悠内野手が左前適時打で2点を追加し、その後失策なども挟み、初回から5得点と試合を有利に進める。

さらに愛知は4回裏、連続安打や四球などでチャンスを作り、この回一挙10得点と大きくリードを広げる。

また、この回に5番・寺部歩美捕手は2死一塁の場面で右越適時打を打ち、1塁走者・佐藤千尋外野手が生還し1打点をあげた。この1打点が寺部選手の記念すべき通算100打点目となった。

愛知は初開催となる豊橋で、首位・京都に大差で勝利となった。

愛知・豊橋出身の寺部選手が通算100打点を決め、愛知は昨日に続き連勝となった。

【愛知ディオーネ・寺部歩美捕手】

とても嬉しく思います。地元・豊橋でたくさんの声援があったからこその結果だと思います。少年野球の子供たちの笑顔がたくさん見ることができましたし、地元での初開催でチームが勝てたこともよかったです。苦しい時期が多かったですが、連勝することができて本当に良かったです。