夏季リーグ・愛知ディオーネ1-2京都フローラ【第7戦】

【愛知1-2京都@第7戦:パロマ瑞穂球場】6回を投げ、愛知打線を1失点に抑えて8勝目をあげた京都・小西美加投手
【愛知1-2京都@第7戦:パロマ瑞穂球場】決勝タイムリーを放ち、チームの勝利に貢献した京都・村松珠希捕手

先制したのは愛知。初回、2死一塁から4番・DHの金城妃呂選手の中前適時打で1点を先制する。

しかし、2回表に京都は無死一、三塁から併殺打の間に、1点を返し1-1と同点に追い付く。

試合はそのまま愛知・里綾実、京都・小西美加の両先発投手の好投で、5回まで無得点となる投手戦となった。

試合が動いたのは6回表、京都の攻撃。先頭の1番・三浦伊織外野手が右翼線二塁打でチャンスを作ると、続く2番・厚ヶ瀬美姫内野手が投手強襲打で出塁し、無死一、三塁と勝ち越しの場面で、3番・村松珠希捕手がここまで好投を続ける里投手の初球を叩き、勝ち越しとなる左前適時打を放ち、2-1と勝ち越しに成功する。

1点を追う愛知は最終回、2死三塁と同点のチャンスを作るものの後続が続かず、そのまま2-1で京都が勝利した。

京都先発の小西投手は6回を投げ、5被安打、1失点の好投で8勝目をマークした。

【京都フローラ・小西美加投手】

思いっきり投げるだけだったので、皆が頑張ってくれました。初回から納得のいくピッチングではなかったですが、早く立て直そうと思って投げました。次回も納得できるピッチングができるように頑張ります。

【京都フローラ・村松珠希捕手】

当たりはよくなっかですが、振りきれたので良かったです。皆で勝ちきれて良かったです。小西選手もテンポ良く投げてくれたので、リードしやすかったです。