夏季リーグ・愛知ディオーネ2-3埼玉アストライア【第1戦】

【愛知2-3埼玉①一宮市営球場】愛知打線を4安打2失点に抑え、今季3勝目をあげた埼玉・谷山莉奈投手

初回、埼玉は1番・中田友美外野手の右越二塁打でいきなりチャンスを作ると、4番・今井志穂捕手が中前2点適時打を放ち先制。続く5番・みなみ外野手の左中間二塁打の送球が乱れる間に、走者が生還。この回に3点を入れる。

2回、愛知は2死走者なしの場面から、6番・金城妃呂捕手が中越二塁打を放ち、7番・榊原梨奈外野手の左前適時打で1点を返す。さらに4回にも、6番・金城の中前適時打で1点を追加し1点差に詰め寄る。

しかし、その後は両チームともチャンスを作ることができず、3-2で埼玉が勝利した。

【埼玉・谷山莉奈投手】

苦しい場面もありましたが、野手陣が先制点を取ってくれたので、絶対に守り切りたいという思いで投げていました。野手陣に助けられながら勝つことが出来て感謝しています。

ファンの方も含めて埼玉アストライアの一員ですので、これからも一緒に頑張っていきましょう。今日はありがとうございました。