秋季リーグ・埼玉アストライア 9-2 愛知ディオーネ【第1戦】

【埼玉 9‐2 愛知①越谷市民球場】7回を投げ、7安打2失点の完投勝利をあげた埼玉・谷山莉奈投手
【埼玉 9‐2 愛知①越谷市民球場】3安打猛打賞の活躍でチームの勝利に貢献した埼玉・御山真悠選手

愛知は初回、先頭打者の西山小春外野手が右前安打で出塁すると、犠打で走者を進めて2死二塁から4番・DH金城妃呂選手の左前適時打で1点を先制する。

1点を先制した愛知は続く2回、2死から四球と死球で一、二塁とすると、9番・浅野桜子内野手の左前安打で2死満塁とチャンスを作り、1番・西山外野手の中前適時打で1点を追加した。

2点を追う埼玉は1死から5番・みなみ外野手が四球で出塁し、1死一塁から6番・DH御山真悠選手の右線適時三塁打で1点を返すと、続く7番・田口紗帆内野手の左犠飛で1点を追加し、2-2の同点に追いついた。

埼玉は3回、1死から1番・中田友美外野手が右越二塁打と相手のエラーで出塁。1死三塁から2番・只埜榛奈内野手の中越適時二塁打で1点を勝ち越すと、4番・泉由希菜捕手の右中間適時二塁打、6番・御山真悠選手も左前適時打を放ち、埼玉はこの回に3点を追加し、逆転に成功した。

さらに埼玉は5回にも3点、6回にも1点を追加し、9-2で秋季リーグ1勝目をあげた。

埼玉の先発・谷山莉奈投手は、立ち上がりこそ失点をしたものの、7回を7安打2失点で見事完投勝利飾った。また、谷山投手はプロ通算100奪三振を記録した。

【埼玉アストライア・谷山莉奈投手】

地元でもありますし勝ててすごくうれしいです。なかなかチームに貢献できていなかったので秋季リーグでは勝を積み重ねられるように頑張ります。

【埼玉アストライア・御山真悠選手】

打席を重ねるごとに、本来の私自身のバッティングが出来たと思います。あまり気負いするのではなく、リラックスして打席に入る事が出来ているのが、良い結果に繋がっていると思います。