夏季リーグ・埼玉アストライア2-1京都フローラ【第4戦】

【埼玉2-1京都④:長良川球場】2本の二塁打を放ち、チームの勝利に貢献した埼玉・みなみ外野手

2回表、京都は6番・三原遥内野手の四球と7番・田中亜里沙外野手が中前安打で無死一、二塁とすると、8番・DH戎嶋美有選手が初球で犠打を決め、1死二、三塁と先制のチャンスを作る。そして、9番・佐々木希内野手が左前適時打を放ち、京都が1点を先制する。

1点を先制された埼玉は4回まで無安打に抑えられるが、5回に先頭のDHみなみ選手が左中間二塁打を放ち、チーム初安打で出塁。すると6番・山崎まり内野手が犠打を決め、1死三塁と同点の場面を作ると、7番・只埜榛奈内野手がスクイズを決め、1-1と同点として試合を振り出しに戻す。

最終回、埼玉は1死からみなみ選手がきょう2本目となる左中間二塁打で出塁し、6番・山崎内野手が左前安打で1死一、三塁とサヨナラのチャンスを作る。京都は先発・龍田美咲投手から植村美奈子投手へ継投するが、植村が投げた初球がワイルドピッチとなり、2-1で埼玉がサヨナラ勝ちを収めた。

【埼玉・みなみ外野手】

今日は投手戦だったので、点を取れてよかったです。4回の打席で流れを作ると宣言したので、出塁した時は絶対にホームベースを踏もうと思っていたので良かったです

夏季リーグは良い流れで来ているので、優勝できるように頑張ります。